FC2ブログ

タイトル画像

ススキ  立ち止まって見る

2019.11.17(05:00) 224

ススキの花を、
立ち止まって
見たことはなかった。

ススキ

  奄美大島 住用町


種子は、
風に乗って
遠くに運ばれる。

強風の時に、
離れていくという。

タンポポの
綿毛と違って、
見るからに重そうだ。


ふだん、
見慣れているものを
近くで
じっくり
見てみると
面白い気付きがあるものだ。




軽くて
小さな種子。
その中に
ススキへの
遺伝子が詰まっている。

自然のなせる
技のすごさ。



【 ススキ 】
イネ科
原産地 : 中国、朝鮮半島
     台湾、日本列島
  ( 東北アジア固有種 )





いつも、
ご訪問ありがとうございます。








スポンサーサイト




奄美の森風


植物 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

出あいに 感謝  「 アカタテハ 」

2019.11.14(05:00) 223

林道を
ゆっくり歩いていると、
様々な出あいがある。

アカタテハ 1

  奄美大島 住用町
     三太郎峠


羽化したてであろうか。

「 アカタテハ 」

いきなりの
嬉しい出あいである。

アカタテハ 2

前翅の赤は、
鮮やかで
よく目立つ。

後翅の模様は、
複雑だが
味があって
見飽きない。

迷彩色(隠ぺい色)であろうが、
ところどころに
隠された青色がいい。





「 よくぞ、成虫に! 」

昆虫と出あうたびに、
思うことである。

卵から成虫になるまで、
幾つもの
厳しい試練を
かいくぐってきたからである。

「 寄生バエ 」「 寄生蜂 」
アシナガバチなどからの攻撃。
「 羽化不全 」 ・・・。

成虫にたどりつけるのは、
数パーセント?であろうか。




「 選ばれた命 」


「 出あいに感謝 」!




いつも、
ご訪問ありがとうございます。











奄美の森風


動物 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

海辺の岩を 生の地に 「 ボタンボウフウ 」

2019.11.12(05:00) 222

ボタンボウフウ

  奄美大島 笠利町


土はない。

わずかな岩の隙間。

根は、木質化。



ボタンボウフウ 2



岩肌に

しがみつく。

「ボタンボウフウ」




長命草とも

呼ばれる。








いつも、
ご訪問ありがとうございます。


















奄美の森風


つぶやき トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

尽きない魅力 「 クサギ 」

2019.11.09(05:00) 221

クサギ 1

  奄美大島  住用町


普通に見られる「クサギ」。
一年を通した
生き方には、
心惹かれるものがある。

晩秋に
魅力が増すからである。

夏に
真っ白な花を咲かせる。
目立つ花ではないが、
ほのかな甘い香りを漂わせる。

日中は、
大型の蝶。
夕方は、
大型の蛾が花を訪れる。

クサギ 2


晩秋に、
紺色の果実(液果)をつける。

緑色で目立たなかった
「がく片」は、反り返り
黒赤色へと変わる。

中央に
コバルトブルーの果実をつける。

遠くからでも、
良く目立つ。


果実は、
草木染に用いられ、
絹糸を
鮮やかな空色に
染めるという。






普通に見られる「クサギ」。
晩秋に、
いろいろ楽しませてくれる。

普通であって、
尽きない魅力




落葉し始めても、
果実を大事にする
生にこだわる
生き方が好きである。





いつも、
ご訪問ありがとうございます。










奄美の森風


植物 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

探求心と好奇心

2019.11.05(00:00) 220

奄美空港

  奄美空港 



探求心は

疲れを伴うが


好奇心は

ワクワク感を伴い

楽しい



二つの

バランスがとれると

疲れも

楽しくなる






【 奄美空港 】
空港のすぐ横から
白い砂浜が広がる。
海の中も
別世界が
広がっているに違いない。





いつも、
ご訪問ありがとうございます。









奄美の森風


つぶやき トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
最近の記事
  1. ススキ  立ち止まって見る(11/17)
  2. 出あいに 感謝  「 アカタテハ 」(11/14)
  3. 海辺の岩を 生の地に 「 ボタンボウフウ 」(11/12)
  4. 尽きない魅力 「 クサギ 」(11/09)
  5. 探求心と好奇心(11/05)
次のページ
次のページ